債務整理を行うと家族もクレジットカードを作れなくなる?

債務整理には自己破産や任意整理などいくつかの方法がありますが、どの方法であっても「クレジットカードが作れなくなる」という特徴があります。

これはクレジットカードが信用払いであり、先に商品を購入したりサービスを受けておいて、後でお金を支払うという形になっていますので、その人がきちんとお金を返してくれるという確証がなければ利用することは出来ません。

そのため、債務整理を行ってしまうと「後できちんと返すという契約をしているのに、返せなかった人」となってしまうため、債務整理以降は今持っているクレジットカードを使うことは出来なくなりますし、新たに作成することもできなくなってしまいます。

自分が債務整理を行うと、家族にも何らかの影響が出てしまうのではないかと考える人もいるかもしれません。しかしクレジットカードの作製に関しては、家族に何らかの影響が及ぶことはあり得ません。

なぜなら、クレジットカードは加入の際のその人自身の職場や年収、他社からの借入をチェックして、審査を通った人だけが持てるものです。

そのため、家族が債務整理を行ったことを審査の対象にはしませんので、現在持っているものの使用や、新たに作成するときに問題となることはありませんので何の心配もいりません。

ただし、妻が専業主婦で自分名義のクレジットカードを作っていた場合には、妻自身には収入がありませんので作成時の審査の対象は夫の収入状況になります。

そのため、夫が債務整理を行った場合、カードの名義人である妻ではなく審査の対象となった夫が債務整理を行っているという状況になりますので、専業主婦である妻のクレジットカードの利用や新たな作成に問題が生じてしまうケースがあります。

また、同様に家族が持っているクレジットカードの家族カードを持っている家族がいる場合にも、家族カードの利用にも影響が出てしまう可能性がありますので、その点に関しては注意が必要になります。

生活に必要なクレジットカードや他のものに影響があるかどうかは債務整理の専門家に相談するのが一番です!

債務整理の無料相談は全国・休日対応の岡田法律事務所

岡田法律事務所

借金問題の解決のための債務整理相談で過払い金が戻ってくる事例もたくさんあります!返済の取り立ても即日にストップしてもらえるので生活が安定しますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました