債務整理をするとクレカの家族カードはどうなるか

家族カードとは、安定した収入のあるクレジットカードの契約者がいたならば、その人の家族もクレジットカードを利用することができるというサービスです。

そして、その家族が使用するクレジットカードのことも同じ名称で呼びます。

バラバラに加入するよりも年会費がお得であったり、支払いの管理が簡単にできるようになったり、というメリットがあります。債務整理を行うと信用情報にそのことが登録され、クレジットカード会社がその情報を確認した時点で解約されてしまいますが、家族カードの場合はどうなるのでしょうか。

例えば、夫がカードの契約者である場合、妻が債務整理をしたとして、夫名義で発行されている家族カードをそれまでのように使用することはできるのかということです。

結論から言うと、このような場合ではすぐにカードが使用できなくなることはないのです。

なぜならば、家族カードというものは、あくまでも本契約者の信用を元に発行されているからです。

この場合では本契約者は夫であるので、契約者ではない妻が債務整理を行っても、夫の金融信用とは関係がありません。

そのため直ちに使用できなくなることはないといえるのです。

しかし、カードの契約更新時には、再度契約者の与信判断をすることもあります。

その際、妻が債務整理を行っていることが知られると家族カードの利用が制限されることも有り得ます。

ここまでの例は本契約者でない家族カードの利用者が債務整理をした場合の話でした。

今度はカードの本契約者が債務整理を行った場合の話です。親カードを所持しているカード契約者が債務整理を行うと、その子カードにあたる家族カードも一緒に使えなくなってしまいます。夫がカードの契約者であり、妻に家族カードを発行して渡している場合、妻のカードの名義は夫になっていますから、先程挙げた例とは逆に、夫がもし債務整理をしたならば、当然妻のカードも使うことができなくなってしまうわけです。

ともあれ妻の債務整理で家族カードの親カードへの影響は殆ど無いと言っていいでしょう。

こういった細かい生活に影響する心配事は借金解決問題の専門家に相談するのが最善です!

債務整理の無料相談は全国・休日対応の岡田法律事務所

岡田法律事務所

借金問題の解決のための債務整理相談で過払い金が戻ってくる事例もたくさんあります!返済の取り立ても即日にストップしてもらえるので生活が安定しますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました