債務整理を家族で秘密にして行えるのは任意整理です!

複数の金融会社の債務を抱えていたり、収入よりも借金の方が多くなってしまうと普段の生活に支障が出てしまうことがあります。

借金を返したくても返せなくなったときは、債務整理をするという方法があります。

債務整理をすることによって、法的に借金を見直して、無理のない範囲で返済するという方法をとります。

ただ債務整理を行うと、家族や勤め先、親戚などにばれてるのでないかと考え、手続きを躊躇ってしまう人がいます。

しかし債務整理にもいくつか種類があり、任意整理を選べば家族に秘密にすることができます。

任意整理をするときは、専門的な手続きが必要なので弁護士に任せることが多いですが、弁護士は依頼人に対する守秘義務を持っています。

そのため必要な書類のやり取りの場合にも、指定した場所へ書類をおくってくれますし、宛先にも弁護士と気取られない表示をしてくれます。

身分証明や会社から発行してもらう書類も必要ありませんから、秘密に手続きをすることができます。

電話も家の電話ではなく、携帯電話でやり取りをすれば、家族に秘密にして手続きを済ませることができます。

ただ債務整理には任意整理の他に、民事再生や自己破産などの方法もあります。自己破産する場合は、配偶者の給与明細や源泉徴収票が必要になるため、家族にばれずに手続きをすることは難しくなります。

また、自己破産したときは官報に名前が掲載されますから、官報を読んだ人には債務整理をしたことがばれてしまいます。

ただ、官報を読んでいる人は法律関係者や不動産関係者など限られた人しかいませんから、一般の会社に勤めている人や近所にはばれない可能性が高くなります。

絶対に家族に秘密にしたいというときは、債務整理を行うときは任意整理を選ぶとよいでしょう。任意整理は借金が帳消しになるのではなく、毎月負担のない金額で返済することを義務付けられますから、返済が滞らないように気を付ける必要があります。

任意整理の相談は専門の法律家に!

債務整理の無料相談は全国・休日対応の岡田法律事務所

岡田法律事務所

借金問題の解決のための債務整理相談で過払い金が戻ってくる事例もたくさんあります!返済の取り立ても即日にストップしてもらえるので生活が安定しますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました