主婦の債務整理では夫の収入も影響するのか?

主婦の人が債務整理する場合、基本的には夫の収入は影響しません。しかし、任意整理や特定調停では、夫の収入の一部から借金を返済していくということも可能になります。

主婦の人は夫が働いている間、家事や子育てなどをして家庭に貢献をしています。妻が家庭を守ってくれているから夫は安心して働くことができるので、夫の給料の半分は妻の貢献であると考えることができます。そのため、夫が安定して高い収入を得ていると、妻の信用も上がることがあります。

専業主婦をしている人は、任意整理をした後の借金を返済していけないという意見もありますが、夫から月に5万円程度のお小遣いをもらっているので、そのお金の一部を借金の返済にあてるということなども、交渉によって可能になります。金融機関が同意をしてくれることが必要ですが、それなりに高い確率で任意整理は成功します。

個人再生では100万円以上の借金が残ってしまうので、専業主婦の人には向いていません。パートやアルバイトでもよいので、働いていて収入を得ている主婦の人ならば、個人再生ができる可能性もあります。

自己破産をするとすべての借金をゼロにできますので、自己破産は専業主婦の人でも問題なくできます。しかし、マイホームや車の名義が妻のものになっている場合には、マイホームや車が没収されてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

主婦の人が夫に内緒で債務整理をするならば、最も安心できる手続きが任意整理となるでしょう。任意整理では裁判をせずに交渉のみで解決をするので、夫にバレる心配は少ないです。債務整理をした本人はしばらくの間ブラックリストにのってしまいますが、夫や子供への影響は基本的にありません。クレジットカードが使えなくなってしまうので、買い物では不便になりますが、家族カードなら夫の信用情報が重要になるので、問題なく持てます。

いずれにしても、まずは弁護士や司法書士に相談をしてみて、メリットやデメリットについて説明を受けましょう。

債務整理の無料相談は全国・休日対応の岡田法律事務所

岡田法律事務所

借金問題の解決のための債務整理相談で過払い金が戻ってくる事例もたくさんあります!返済の取り立ても即日にストップしてもらえるので生活が安定しますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました