債務整理は家族に影響するのか?子供の進学や結婚、クレジットカード作成には?

債務整理をすると家族に影響があるのかということは意外と知られていません。

債務整理をする状況下では自分のことを気遣っている余裕はなくても、家族を迷惑をかけないかどうかが心配になる方は非常に多いです。

家族への影響を憂慮して自己破産などを行わない方もいますが、その心配は基本的に不要です。

債務整理は債務者を社会的に立ち直らせるためにある仕組みなので、その家族に負担を強いることはありません

そのため、家族が進学をする際にそれらの情報が明らかになることはありません。

もちろん、進学は学力を問うものという大前提があるからですが、そもそも受験生の債務整理の履歴を全て調べることは現実的ではありません。

また、就職の際にも影響はしません。

自分の家族に債務を整理した者がいるからといって採用を断るような企業は社会的な信頼を得ることが出来ません。

企業としては個人が優秀であるかどうかで判断した方がメリットが大きくなります。さらに債務整理の情報は戸籍に載ることはありません。

それゆえ、家族が結婚する際にもそのことは明らかにならない仕組みとなっています。「自分のせいで息子や娘が結婚できなかったら」という心配は全く無用です。

クレジットカードやローンを申し込む際に信用情報が重要になりますが、家族のうちの誰かが債務整理をしても、他の人物の信用情報に影響はしません。

何故なら信用情報は個人個人にお金を貸すかどうかの基準なので、家族の信用情報を参考にする必要がないからです。

ただ、1つだけ家族に影響する可能性があります。それは家族が保証人になっているケースです。

保証人になってしまうと、家族の債務整理後の返済義務を受け継ぐことになります。そのため、自分の家族を保証人にしないような債務の整理手段を選んだり、保証人の返済を回避する方法を講じたりすることが大切になります。その点だけに気をつけておけば、安心して債務整理を行うことが出来ます。

家族への影響が心配なら専門家に相談すればすぐに教えてもらえます!

債務整理の無料相談は全国・休日対応の岡田法律事務所

岡田法律事務所

借金問題の解決のための債務整理相談で過払い金が戻ってくる事例もたくさんあります!返済の取り立ても即日にストップしてもらえるので生活が安定しますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました