闇金と消費者金融の大きな違い!サラ金や街金はどういう住み分けになってるのか

闇金と正規の消費者金融の違いは天と地ほどあるぞ!

お金を貸してくれる会社って沢山あるけど、消費者金融やサラ金、街金、闇金、どれも区別がつきにくい、ハッキリわかっているのは専門家だけ、ってのがホントのところやね。

実際に友達なんかに聞くと、「サラ金って違法やんなー」みたいなことを普通に話してるねんなー。

テレビの影響もあるんやろうけど、サラ金や街金ってものすごくダークなイメージあるもんな。

「街金に追い込みかけられてる!」「サラ金にさらわれた!」みたいな台詞が出てきたりすると、むちゃするよなーみたいなイメージが付くしなー。

闇金について調べまくってわかった正確なところを書いていくわ。

スポンサーリンク

まず闇金!

これは一番分かりやすいけど、完全に違法で融資業務を行っている奴らの事。

融資やキャッシング業務を行うには貸金業等登録を行い、国に認められないと開業できないねん。

闇金はこの登録をしないで勝手にコソコソと貸金業を行っている違法業者の事やで。

お金を貸すならなんでちゃんと登録しないの?なんて思ってる?

闇金は登録できないような詐欺や犯罪レベルの金利、要するに違法金利で無理やり貸しつけたりする事を前提に立ちあげるので登録なんてくそくらえ!って感じで違法行為を繰り返しよる。

まぁ犯罪集団やね。

お金を貸すなんてありえない。小口融資(1~3万円)を押しつけるように勝手に口座に振り込んできて、無理やりトゴの違法利息(10日で5割)を巻き上げ、元金を返せないように嫌がらせを繰り返しよる。10日に一度利息を払い続け、断ると嫌がらせ。

雪だるま式に借金が増えていく。

他にも詐欺って儲けようとしてる闇金がほとんど。

携帯電話購入詐欺(白ロム詐欺)や保証金詐欺、銀行口座買い取り詐欺、数え上げれないくらい色々な手を使って騙そうとしてくるのが闇金や。

闇金と正規の消費者金融の見分け方

消費者金融

消費者金融は闇金とは対極でちゃんと貸金業登録をして正規に国から認められた融資業者、キャッシング会社の事を指す。

当然法律を守る、という事を行っているので違法金利で貸し付けたり、違法な取り立てをしたりもない。

大手消費者金融会社などはテレビコマーシャルも頻繁に行っているので知っている人も多いかもしれないけど、今現在、消費者金融業者の数はものすごく減ってきてるねん。

全国で2350業者しかない。10年前の平成15年は2万6281業者いたのが1/10の数に。

消費者金融業者数

この表見たら一目瞭然やけど、バブル崩壊後から減少を続け、平成18年に貸金業法が成立したあたりに一気に廃業した会社が増えた。

さらに平成22年の総量規制とグレーゾン金利の廃止、上限金利20%の決定でさらに業者数が激減した。

これってちゃんとした消費者金融会社しか残っていないという事の表れやけど、裏を返せば借りれ無くて困ってるひとがむちゃくちゃあふれているってのも現実。

この借りれなくて困ってる人たちに闇金の魔の手が伸びてしまうねんな。ああ無情。

サラ金

この言葉正式にはサラリーマン金融というけど、消費者金融業界が以前に使ってた言葉やねん。

1950年代位から戦後の日本の復興に合わせて銀行や信用金庫の個人への小口融資が始まりだしてんけど、その当時審査体制なんて確立してなかったから土地や資産を担保にしたり、融資金の使用制限(使い方の限定)が行われてた。

その中でも信用が高いとされていたサラリーマンであれば小口融資は可能だという事で、使用制限なく融資を開始したのがサラ金の始まり。

当時は貸金業の法整備も整っていなかったから無理な貸し付けや取り立てが行われ、自殺事件が発生したりしてどんどんと「サラ金」という言葉のイメージが悪くなってきた。

1980年代あたりからこのイメージを払しょくするために「消費者金融」という言葉を貸金業界が使うようになってきてん。

今はサラ金という言葉を使う事はほとんど無くなってきているけど、基本的には正規の貸金業登録を行っている業者を昔サラ金と呼んでいたということ。

違法の闇金とは大きく違うよ

街金

この街金も正規の貸金業登録を行っているちゃんとした融資会社の事やで。

基本的に融資は地域密着で行われる、地方営業、さらに狭い範囲だけで貸し付けを行っている会社が総称して街金って呼ばれてる。

竹内力主演のミナミの帝王でよく出てくる言葉やけどね。

「街金ごときが何をでしゃばっとんねん!!」みたいなセルフよく聞くよね。でも萬田金融は街金じゃない。闇金や(笑)だってトイチの金利取るって違法やもん。

この映画やドラマのイメージで街金=違法業者みたいなイメージが付いたけど、実際の街金業者はしっかりと地元に根付いて貸金業登録を行い、事務所も構えてちゃんと仕事してる。

消費者金融の中でも小さい範囲で貸し付けを行っている街金、貸金業法律改正で一番あおりを喰らって次々と廃業していって今は少数。

街金という言葉のイメージも古く悪くなっているので今ではほとんど使わなくなってきてるよな。

まとめ

要するに闇金は違法の業者でそれ以外の消費者金融、サラ金、街金はちゃんとした会社だってこと。

言い方はそれぞれやけど、時代によって融資会社の呼び方もどんどんと変わってきているのでひと昔前のイメージ悪い言葉はどんどんと捨てられていく。

その古い言葉はもしかして違法業者?みたいな勘違いを生んでいるんやね。

今は消費者金融という言葉が市民権を普通に使われるようになってきているけど、これもいつ変わるかわからないで。

今、「キャッシング会社」「カードローン会社」などカタカナ言葉が徐々に増えてきていいイメージを持つ人が多いよな。

数年後には消費者金融って違法業者やろ!んなてことが聞こえてくる世の中になってるかもしれん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました