ビジネスローンFAXの詐欺手口を公開

闇金FAXと言われる、申し込んでもいない金融会社から送られて来るFAXですが、このFAXはお金を貸してくれるどころか、お金を騙しとろうとする詐欺なので騙されないように細心の注意を払って下さい。

申し込みもしていないのに、このようなFAXが届く事があると思います。

一見すると、奇麗なFAXなので、正規の消費者金融かと思いがちですが、完全に違法業者の場合が多いので注意して下さい。

帝国データバンクや東京商工リサーチのデータに照合して融資が可能になっていますなど、言葉巧みに例金利でお金を貸してくれるようにアピールして来ます。

FAXに書いてある金利を見ると、3000万円を金利1.01%で融資してくれると書いてあります、これが本当なら、かなり良い条件の話ですが、甘い話には罠があります。

「決算書も提出せず、実際に会う事も無く、500万を融資して。5年返済で支払総額513万で担保なし。」

このように聞くと素晴らしい条件ですが、融資する立場になってちょっと考えてみれば、貸す側にとって薄利かつリスクしかない提案など出来るはずがありません。

金融庁に問い合わせすればすぐに正規の金融業者かどうかわかります、今回のFAXも金融庁に確認してみましたが、「詐欺会社なので、騙されないようにして下さい!」と返事をいただきました。

最近の手口は、言葉巧みにこのように勧誘して来ます。

「ご希望金額の融資が可能になりました、振込は会社口座か代表者個人口座の二択になります。御社の場合、代表者の個人口座に振り込むのをオススメします。会社に振り込んでしまうと、CICなどの信用情報機構に登録される。また、銀行さんにとって我々が邪魔な存在となることが多くあるので、通常、個人口座の振込を推奨します。」

などと言ってきます、これは、甘い言葉を使って、警戒心を緩めさせる目的と後で金融庁などに報告しにくくい心境にさせるためのトリックです。

正規のビジネスローン会社ビジネスパートナーはこちら

この情報は、実際にこのFAXに申し込みをされた方から頂いた情報です。

他にも、「銀行にこの融資が知られないように、受取口座は代表者の個人口座で」と言ってきます。「顧客のために」のポーズです。と言う情報も頂きました。

最近の闇金FAXは巧妙な手口を使って来ます、くれぐれも騙されないように注意して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました